Lカルニチンって、どんなもの?

Lカルニチンがダイエットをサポート!

    

loaskaksla

ダイエット中はお肉を食べるなんて御法度、と思い込んでいませんか?実は、「お肉を食べることでよりダイエット効果が高まる」という信じられない話があります。

お肉に含まれるLカルニチンと言う成分が脂肪の燃焼に働き、ダイエット効果を促進してくれるのです。このLカルニチンという成分、いったいどんなものなのでしょうか。

脂肪をエネルギーに変える、Lカルニチン

Lカルニチンはアミノ酸の一種。体内の脂肪を燃焼させエネルギーを作り出す際、Lカルニチンは脂肪酸を燃焼の場であるミトコンドリア内に運ぶ役割を担っています。

Lカルニチンが不足すると脂肪酸がミトコンドリアに運ばれず、脂肪が燃焼されないのです。Lカルニチンを適切に摂取することで脂肪が燃焼し、ダイエット効果はもちろん、高脂血症や動脈硬化などの生活習慣病の予防にもつながります。

成人1日当たりのLカルニチンの推奨摂取量は200mg~500mgですが、肝臓で1日にわずか10mgほどしか作られないので、食物から摂取する必要があるのです。

Lカルニチンは卵、豆、野菜などにはほとんど含まれず、羊肉、牛肉、豚肉の赤身に多く含まれます。主な食品100g中に含まれるカルニチン量は以下のようになります。

  • 羊肉=約208mg
  • 子羊肉=約80mg
  • 牛ヒレ肉=約60mg
  • 豚肉=約35mg
  • 鶏肉=約5~9mg
  • 牛乳=約1.9mg
  • 卵=約0.8mg

カルニチン含有量は羊肉が圧倒的に多いですが、マトンやラム肉は日常的に手に入りにくいので、牛肉や豚肉を意識して食事に取り入れるようにするとよいですね。

Lカルニチンのさまざまな効果

Lカルニチンはダイエット効果はもちろんのこと、病気を予防する効果や美容によいさまざまな効果が期待できる優秀な栄養素です。その優れた効果を詳しくみてみましょう。

心肺機能の向上
心臓や肺などの臓器は筋肉によって動かされていますが、Lカルニチンはこれらの臓器にエネルギーを供給しています。Lカルニチンの摂取により肺活量の強化、動悸息切れも期待できるので、スポーツ選手の体づくりにも役立ちます。また、運動不足の人にもぜひおすすめしたい栄養素なのです。
生活習慣病の予防
Lカルニチン不足により太ってしまった場合、臓器や血液にも脂肪による悪影響が出る恐れがあります。心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病は、体内に蓄積された脂肪がコレステロールとして血中に流れ出し、そのコレステロールが血管内壁に貼り付き、固まって血管の道幅を狭くしてしまうことで発生します。血管が狭くなると血液の順かもスムーズにいかなくなりますので、より一層、コレステロールが貼り付きやすくなってしまいます。動脈硬化が進んでしまうと血管が完全に塞がれて、場所によっては生命に支障をきたす病気となることも珍しくありません。脂肪を燃焼させて体内に蓄積しないようにするLカルニチンの働きは、とても重要なものなのです。
疲労の緩和
Lカルニチンが体内の脂肪をもとにして作り出すエネルギーは、体の疲労を回復させるためのにも役立っています。慢性疲労をはじめ、特に運動後の肉体疲労や睡眠障害による疲労などにも改善の効果が期待できます。

djsdkoskdijsdjislsds

christianadventuretrips.com web2proxy.net thaiconsulatesp.org riascorp.com stjoanofarcbooks.com visitaelpuerto.com spineandpostureclinic.com southernspicemusic.com dezinashop.com 1010zp.com conexaoatibaia.com lingerieunlimitedhome.com modellicious.net phpbb-id.com loneconeoutfitters.com